がんのステージ(進行度の区分)

 がんのステージとは、がんの進行度を四段階に区分したものです。

がんの種類によって定義は変わりますが、おおむね以下のように定められています。
また、一つのステージを1a期、1b期と細かく分類する場合もあります。

がんの進行度

0期(ステージ0)

がんが粘膜内に留まっているもの

1期(ステージ1)

がんが粘膜の下の筋層までいっているが、その臓器や器官にとどまっていて、そばのリンパ節には転移してない状態

2期(ステージ2)

リンパ節転移があるが、近くのリンパ節までにとどまるもの

3期(ステージ3)

がんがそばの臓器まで広がったり、遠くのリンパ節に転移したりしている状態

4期(ステージ4)

がんがさらに深く浸潤(正常組織に広がること)し、離れた臓器にまで転移している状態

一般に、0~1期を「早期がん」、2~3期を「進行がん」、4期を「晩期がん」といいます。

さらに進んだ状態を「末期がん」といいます。

 
様々な検査を行い、病巣の大きさ、転移の有無などを把握し、進行度を区別してステージにあてはめることで、今後の治療方針の指針の一つになります。

 

更新日:

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.