なぜ転移するのか

・がんが発生した場所から移動して、別の場所で増殖を始め腫瘍を形成することを転移といいます。がん細胞はいったいどうやって体中に広がっていくのでしょうか?

人の体を作っている細胞は、それぞれの臓器や組織に固定されており、
その場所を離れて勝手に移動することはないし(白血球など血球は例外)、他の臓器では増殖できません。

正常な細胞ならば生まれた場所で、それぞれお互いに自分の役目を果たします。そして、必要なときに増殖し、必要な分だけ増えると増殖を止めて、寿命がくると自死します。

 

ところががん細胞は、好き勝手に増殖し、発生した部位から好き勝手に離れ、他の臓器や組織でも増殖します。がん細胞はどんどん増え続け、さらに周囲の組織へ広がり、血液やリンパの流れに乗って体のあちこちに移動し、やがてまた別の部位で増殖を始めます。

たとえば、大腸がんが肝臓に転移するということは、大腸の細胞から発生して、大腸で大きくなったがん細胞が肝臓に流れ着いて肝臓で再び増殖しているということです。

つまり転移したがんは、場所が変わったとしても、もともと発生した部位のがん(原発巣)の特徴を備えています。そのため、抗がん剤など薬物療法も、原発のがんに対応しているものを行うことになります。
ganntenei

がん細胞の主な転移ルートは、血管とリンパ管です。血管を介する転移を血行性転移といい、原発巣の近くにある毛細血管や細い静脈にがん細胞が侵し、血流に乗って肺や肝臓、脳など 体中あちこちの臓器にたどり着き、そこで増殖を始めます。

※骨の内部にも血管が走っており、そこにがん細胞が流れ着いて、骨に転移することもあります。原発巣のがん細胞が周囲にあるリンパ管に侵入し、リンパ節に運ばれ、そこで転移性腫瘍を作ることをリンパ行性転移といいます。

リンパ管はリンパ液(病原体と闘うリンパ球を含んでいる)を運ぶ細い管で、全身に網の目の様に張り巡らされています。そしてリンパ管のところどころには約1センチほどの大きさのふくらみが存在します。

このふくらみはリンパ節(リンパ腺)と呼ばれる一種の免疫器官です。リンパ節はフィルターの役割をして異物や細菌を捕らえます。そしてリンパ球などが(食べる)処理します。

リンパ管は壁が薄く、動き回るようになったがん細胞は、容易にリンパ管に侵入します。侵入してリンパ液の流れに乗ったがん細胞は、ろ過装置のついたリンパ節でせきとめられます。がん細胞の一部はここでリンパ球などの免疫細胞に攻撃され死んでいきます。

しかしがん細胞はもともと自分の細胞が変化したものなので、免疫細胞は正確に見分けることができません。攻撃をまぬがれたがん細胞は、リンパ節で増殖を始めます。そこで増えたがん細胞はリンパ管を伝わって、リンパ節からリンパ節へとつぎつぎに転移していきます。

浸潤(※)、転移したがん細胞は、最初に発生した原発巣のがんよりも悪性度が高い傾向が多いようです。

浸潤(しんじゅん)=がん細胞が周辺の組織にしみ込むように広がって行くこと。
gannnosinnjyunn

がん転移の要約

・がん細胞は他の臓器でも生存し、増殖できる。

・自分の近くに毛細血管を作り出し、そこから栄養を得て成長する。

・周りの組織に浸潤(しんじゅん)して、しみ込む様に近辺の組織や臓器に広がる。

・血管・リンパ管に侵入し、血液やリンパ液の流れに乗って身体中にちらばる。

・成長速度が速く、複数の部位にほぼ同時に転移することも。

・どこに転移しても原発巣のがん細胞が増えたもの。

twitter

twitter

更新日:

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.