「がん関連のニュース・情報」 一覧

no image

毒を以て毒を制す 『ウイルス療法』

がん細胞に特殊なウイルスを感染させて、そのウイルスががん細胞だけで増殖し、がん細胞を破壊する 抗がん剤化学療法などでは、正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。人によってはがん細胞を減らすこともでき ...

no image

がん幹細胞の根絶を目指して

がんの親玉といわれるがん幹細胞。このがん幹細胞の根絶を目指して日々、様々な研究が行われています。 がん幹細胞の特徴 がん細胞とがん幹細胞に分裂します。抗がん剤も効かないし、分裂回数も少ないため非常に長 ...

no image

がんの元凶『がん幹細胞』

がんの再発・転移の元凶といわれている "がん幹細胞"。 治ったはずのがんがなぜ再び体を蝕むのか? 長年の研究によって『がん幹細胞』という幹細胞が発見されました。 このがん幹細胞こそが、転移・再発を起こ ...

no image

免疫力でがん治療 「免疫細胞療法」

私たちの体には病気から身を守ったり、回復したりする力がもともと備わっています。 これを免疫機能といい、細菌やウイルス等 体内の異物を排除しようとする防衛システムです。 その免疫機能を利用してがんを退治 ...

no image

胃を除菌して胃がん予防

胃を除菌して胃がん予防? 日本人が罹るがんでの死亡原因第2位は胃がんです。 23年度では 男性で32785人、女性で 17045人もの日本人が胃がんで亡くなっています。 胃がんや、胃潰瘍などに罹る大き ...

no image

自分でできる"がん検査キット"

がんの治療で重要なことは、早期発見・早期治療です。 初期のがんは身体に異変を感じませんし、がんの影響で何らかの症状が出てしまってからでは、手遅れになってしまう可能性もあります。とは言っても、「検査の為 ...

no image

患者の負担が少ないがん治療

 がんの治療の難しさはがん細胞を見分け、転移・再発しないようにその細胞をとりさるということ少なくとれば再発してしまい、大きくとり過ぎると体へのダメージも多大なものとなってしまうのです。 ”がん”という ...

no image

ヤマブドウに皮膚がん抑制効果

ヤマブドウ果汁に皮膚がん抑制効果 岡山大大学院有元准教授が確認 岡山大大学院医歯薬学総合研究科の有本佐賀恵准教授は真庭市韮山地区特産のヤマブドウの果汁に、皮膚がんの発症を抑える効果があることをマウスに ...

no image

がん細胞は血管も変異させる

血管を伸ばせない癌は増殖も転移もしない がんの血管を壊せば癌で死ぬこともなくなるのではないか ハーバード大学小児外科医 ジュダ・フォークマン教授 新しい血管は細胞に呼び寄せられ作られます。これを血管新 ...

no image

「がん登録法案」パブリックコメント募集 

がん患者と国会議員で構成する超党派議連「国会がん患者と家族の会」は、自民党、公明党、民主党のによる「がん登録法制化作業チーム」を発足させ、「がん登録法案」の作成を進めている。 ー産経新聞より抜粋ー こ ...

no image

ビフィズス菌でがん治療

ビフィズス菌を静脈注射し抗がん剤、治験を開始 誰もが知ってると思われる乳酸菌の一種ビフィズス菌。 善玉菌を増やし、腸内環境を整え、免疫力を高めてがん細胞を減らす、また 様々な病気に対する抵抗力をつけて ...

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.