免疫力でがん治療 「免疫細胞療法」

投稿日:

私たちの体には病気から身を守ったり、回復したりする力がもともと備わっています。 これを免疫機能といい、細菌やウイルス等 体内の異物を排除しようとする防衛システムです。

その免疫機能を利用してがんを退治しようとする療法のことを、免疫細胞療法といいます。 この療法は代替療法※(だいたいりょうほう)の一つですが、現在がんの第4の治療として注目されているそうで、外科手術や放射線治療、抗がん剤治療等の標準治療を行うことが難しいとされる がん患者を対象に行われています。また、自身の細胞を利用しての治療なので、副作用も少なくQOL(生活の質)を落とさずに、がん治療が行えるということでも期待されているようです。

自分自身の細胞をパワーアップ

がんを攻撃する免疫細胞を患者本人の血液から採取し、がんへの攻撃力を強くして、数を増やしてから再び患者の体内に戻しますこうして強化された免疫細胞をがんと闘わせるのです。

 免疫細胞療法にはいくつか種類があります。例を挙げると、「アルファ・ベータT細胞療法」 「ガンマ・デルタT細胞療法」など、がん細胞を攻撃するT細胞を増やす免疫細胞療法。

もう一方は、がん細胞等、異物を認識し、その特徴をT細胞などのリンパ球に伝えることで、的確にがん細胞を攻撃できるようになる「樹状細胞(じゅじょうさいぼう)」を利用した「樹状細胞ワクチン療法」、この療法は体内から樹状細胞を取り出し、自身のがん細胞の特徴を覚えさせ増殖させます。そしてこれを再び体内に戻すことで、T細胞が効率的にがん細胞を攻撃できると考えられているそうです。

しかし、がん細胞は元々自分の普通細胞が変異したものですから、異物とは認識されにくいのです。さらにがんになると、体の中に「免疫抑制細胞」という細胞が通常よりかなり増えていることが分かっています。この免疫抑制細胞によってがん細胞を殺す働きをする免疫機構を弱体化あるいは無力化されてしまうのです。免疫抑制細胞を減らす方法が確立されれば、免疫療法の効果がかなり上がることになるのではないでしょうか。

 ちなみに免疫細胞療法の治療費は、健康保険の適用がなく自己負担になります。
気になる金額は一回約30万円。これを6回行うそうなので30万*6=・・・・

命の値段と考えれば、決して高いものとは言えませんが、まだ研究中で、現段階では必ず効果が期待できるというわけではなさそうだし、考えどころです。

このぐらい払っても生活に負担がかからないという方ならば・・・・・・・

●代替療法・・・・・がんの標準治療(外科手術や放射線治療、抗がん剤治療など)の補助、あるいはその代りに行う治療のこと。

-がん関連のニュース・情報
-, , , , , ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.