私が行っている療法、がん予防

更新日:

私は大腸がんになり手術を行いましたが、その後肝臓に転移が見つかり、大腸がん手術の約1年後に、肝臓に転移した腫瘍を開腹手術で切除しました。 

その後、術後補助化学療法(※腫瘍を切除しても、目に見えないがん細胞が残っている場合があるため、再発の可能性が高いとされる人は約6カ月抗がん剤を投与する。)を行い、手術から約1年たち 今現在がんの再発、転移は見つかっていません。

医者からはこれから5年再発、転移がなければとりあえず一安心と言われています。(※がんには"五年生存率"と言われる指標があり、大腸がん肝転移のがんを切除した場合は、五年生存できる人は全体の約40パーセントと言われている。)このまま再発、転移することなく無事に人生を送りたいと思っています。

 

効果があるのかどうか分からないのですが、少なくとも身体に害はないだろうと思って私が現在行っている療法、食事法等を紹介したいと思います。 宜しかったら参考にして下さい。

 

食事について

主食は玄米、白米を7:3の割合で食べている

納豆、味噌汁等の発酵食品を採る

野菜を多めに食べる

肉類を減らし、魚を多めに採る

揚げ物は控えめにする

古いものは食べない

加工食品はあまり食べない様にする。

塩分は出来るだけ減らす。

外食、惣菜などは塩分が高いので注意(意識して減塩食を行っていると、味が濃すぎに感じ出してきて、自然と食べなくなる)

アルコールは飲まない

油はオリーブオイルを使用

ヤクルト

青汁(ケール) 

フコイダン

 

ここから先は特にお勧めしたいです。 

 

楽しくなくても笑顔を作ってみる(表情を作るだけでも免疫力が上がるらしい)

散歩でもいいから少しでも体を動かす

シャワーだけでなく湯船に浸かる

睡眠を多くとる

悲観的に考えない、できるだけ前向きに

禁煙

 

 

おまけ

良くも悪くもネットの情報を鵜呑みにしない

闘病ブログはなるべく読まない。

私もがんになってからは、ネットで闘病ブログを探し片っ端から読んでいましたが、亡くなられている場合や、途中で放置されている物に当たってしまうことが多々ありました。 

もちろん元気にされている方、再発・転移も無く完治された方の日記も数多くありますが、個人的には前述の方が印象に強く残ってしまい、かなり落ち込みました。

 私が言うのも何ですが、みる場合はそういう事がありえるという事を、心の片隅にでも留めて置いた方がダメージを減らせるのではないでしょうか。

次 一般的がん検査の種類と体験した感想

”私のがん治療の記録”目次に戻る

twitter

twitter

-ブログ
-, ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.