群馬大病院 別の科でも患者死亡…腹腔鏡手術でミス

投稿日:

同一の医師による手術ミス

群馬大病院で、同じ医師が行った腹腔鏡手術で8人の患者が
相次いで死亡したという信じられないニュースが
先日報道されましたが、それ以外にも他の科で同医師による
腹腔鏡手術をうけた後に死亡していたことが明らかになりました。

<群馬大病院>別の科でも患者死亡…腹腔鏡手術でミス
記者会見の冒頭で謝罪する群馬大付属病院の関係者=県庁で、2014年11月18日午後7時47分、角田直哉撮影
腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を受けた患者8人が相次いで死亡していたことが発覚した群馬大医学部付属病院(前橋市)で、別の科で十二指腸粘膜下腫瘍の腹腔鏡手術を受けた群馬県在住の男性患者(当時50代)も手術中のミスで今年2月に死亡していたことが分かった。同病院が18日、記者会見して明らかにした。遺族には謝罪したという。

【第一報】群馬大病院で腹腔鏡手術後8人死亡 すべて40代の男性医師が担当

病院によると、男性は昨年4月、腫瘍を取り除くため、第1外科で40代の男性医師による腹腔鏡手術を受けた。難航したため途中で開腹手術に変更したが、別の臓器が傷つき、術後に容体が悪化した。患者は11カ月後に、肝不全で死亡した。
病院は記者会見で、▽手術中のミスで重い肝障害を招いた▽術後の処置も適切ではなかった--と医療過誤を認めた。腹腔鏡手術は保険適用外の手術だが、執刀医は必要な院内の倫理審査を受けておらず、本人や家族にも難手術であることを説明していなかった。執刀医と50代の男性指導医は今年3月に病院を辞めた。【尾崎修二】

毎日新聞

患者は病院を、医師を信じて命を預けるのです。
私も手術を何度か受けていますが、手術の同意書にサインする時には
ためらいがあります。

それでも先生を信頼してサインをします。

病院側にとっては多くある症例の一つと思っているのかも知れませんが、
患者からしたら1人1人違います。

こちらからしたらミスではすまないのです。

もちろんほとんどの先生が一人一人の命を重くみているのでしょうが。

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術とは

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術とは
腹部に小さな穴を開け、内視鏡やメスなどの器具を体内に入れ
画像撮影で患部を確認しながらがん細胞の切除などを行う手術の事です。

体の挿入する場所によって、胸腔鏡など種類が変わります。

患部が小さい場合などに使用され、傷口が小さいので
手術で受けるダメージも少なく、早く回復しやすくて
傷跡が小さいというメリットがあります。

しかしその反面で、特殊な技術が必要な為手術時間が長くなる、
画像モニターなので見えにくく、誤って他臓器を傷つけてしまう
可能性等のデメリットもあげられています。

twitter

twitter

-がん関連のニュース・情報
-,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.