13種類のがんを1回の採血で診断できる検査法を開発

投稿日:

検査方法が簡単で、肉体・精神的にも費用の負担も少ない画期的ながん検査が5年以内の実用化をめざし現在研究・開発されています。

国立がん研究センターや東レ、東芝などは18日、13種類のがんを1回の採血で発見するシステムの開発を始めると発表した。

「マイクロRNA」と呼ぶ微小物質を目印にする。人間ドックや健康診断などでがんが進行していない段階で見つけ、早期治療につなげたい考えだ。 開発は5年計画で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が総額79億円を助成する。乳がんや大腸がん、胃がん、肉腫など13種類を対象にする。

マイクロRNAはたんぱく質を作る遺伝子の働きを制御する。がんの種類や状態によって血液中で増えるマイクロRNAの種類や数が違うことがわかってきた。 国立がん研究センターが保有するがん患者6万5000人分の血液の上澄み成分(血清)などを分析する。どの種類のがんでマイクロRNAがどう変化するかを突き止め、診断技術の確立を進める。

日本経済新聞

一口にがん検査と言っても肺がんならレントゲン検査、大腸がんなら便潜血(便の中に含まれる血液を検査)等 臓器によって検査法が違います。

一般的ながんの検査法

しかし、この新しいがん検査法は1回の採血(0.7ccの血液採取)だけで、日本人の代表的ながんといわれる13種類(※)ものがんの診断が一度で行えます。

いままでは手術しないとはっきり分からなかった進行具合も分かる

しかも 早期のガンなのか末期のガンなのか、悪性なのか良性なのか等 がんの特徴やその進行具合までも診断が可能なのだそうです。

腫瘍マーカーを使用しての血液でのがん検査もあるが、精度もそれほど高くなく がんでなくても高い数値が出てしまう場合もある為、早期発見の為の診断には使用されていません。

この新しい血液検査の概要は、血液中のマイクロRNA(リボ核酸)を調べることでがんに罹患しているかどうか、あるいはその種類、進行度を診断する方法で、かつては遺伝子のごみと思われていたRNA(リボ核酸)が、がんなど疾患にとって貴重な情報を持っていることが分かったことから確立された検査法です。

現在6万5千人のがん患者の血液を分析し、データを蓄積して研究を続けています。

がんの種類別に順次、実用化していくことも可能

この検査法が実用化されれば、早期発見・早期治療が可能になります。

さらにがんだけでなく、ゆくゆくは認知症の早期発見を目指し、最終的には全ての病気の早期発見を目指すと語られています。

 

注)日本人の代表的13種類のがん:胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫

 

twitter

twitter

-がん関連のニュース・情報
-, ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.