皮膚がん「メラノーマ」の新薬が世界初認証

更新日:

ほくろのがんとも呼ばれる皮膚がんメラノーマ。
皮膚の色素細胞(メラノサイト)ががん化したものと考えられています。

一見  しみやほくろと判別しにくく、病院へ行った時には病状がかなり進行してしまっている場合もあります。
また、悪性度が高く進行すると抗がん剤や放射線、手術などによる治療が難しい病気です。

しかし、今回厚生労働省がメラノーマの治療薬として開発された新薬「オプジーボ」を承認し、年内にも流通が始まる見通しとのことです。

この新薬が実際に使用される様になって、治療に幅が広がり 助かる患者さんも増えていくでしょう。

皮膚がん「メラノーマ」の新薬 世界初承認へ6月27日 4時17分ほくろのがんとも呼ばれる皮膚がんの「メラノーマ」について、厚生労働省は、国内の製薬メーカーが開発した新たな治療薬を世界に先駆けて承認する方針を決めました。メラノーマは、ほくろのがんとも呼ばれる皮膚がんの一種で、進行すると手術や抗がん剤などによる治療が難しい病気です。
26日、厚生労働省の専門家会議が開かれ、大阪市に本社がある小野薬品工業が開発したメラノーマの新たな治療薬「オプジーボ」を承認する方針を決めました。
この薬は体の免疫機能を弱める「PDー1」というタンパク質の働きを妨げることで、免疫にがん細胞を攻撃させてがん細胞の増殖を抑えるのが特徴で、承認されれば世界で初めてだということです。
新たな治療薬は近く正式に承認され、年内にも流通が始まる見通しです。
メラノーマは、国内では年間に少なくともおよそ1400人が発症し、700人が亡くなっていると推計されています。
患者で作る団体の徳永寛子代表は、「新たな治療薬の承認で救われる患者が増える。患者の数が少ない病気についても薬の開発や承認を進めてほしい」と話しています。

NHKニュース

メラノーマの治療も、やはり早期に発見することが一番重要です。年に一度くらいは体中のシミ・ほくろをチェックしましょう。

簡単な見方としては、シミ・ほくろの

・左右が非対象でいびつな形をしている
・輪郭がハッキリしていない
・色が均一でなく、濃淡が混じっている
・表面がデコボコして盛り上がっている
・直径6㎜以上の大きさがある

このどれかが複数あてはまる様であれば一度専門の皮膚科を受診した方が良いでしょう。

 

twitter

twitter

-がん関連のニュース・情報
-, , ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.