世界初の「がん幹細胞標的薬」治験中止の理由

更新日:

 がん細胞を次々と作り出し、がん細胞の親玉と考えられているがん幹細胞通常の抗がん剤ではあまり効き目がないといわれています。

分かりやすくイメージすると、がん幹細胞が女王バチでがん細胞が働きバチ。働きバチをいくら退治しても女王バチが生きていれば、再び働きバチが生まれてきます。

それをがんになぞらえて見て、「がん幹細胞を根絶させない限りがん細胞が増え続け、いつまでも転移・再発の可能性がある。」とがん幹細胞の危険性、除去することの必要性を説明しています。

 このがん幹細胞を標的にして狙い撃ちする「がん幹細胞標的薬」は、現在各国の研究機関で研究・開発されていますが、製薬会社の大日本住友製薬が先んじて治験を行っていました。
しかし今回の中間解析の結果 安全性に問題は無いが腫瘍の縮小において判断基準に達しなかったため新規の患者登録を中止しました。

 早ければ15年にも発売することを目標としていて、製品化されれば世界初の画期的な薬になるはずだったのですが、開発を急ぎ過ぎたのかも知れません。

今回は残念ながら中止となってしまいましたが、がん幹細胞標的薬の研究・開発自体が取りやめになってしまった訳ではありません。

今後も研究の成果に期待したいと思います。



治験:人での効果と安全性を調べるための臨床試験のこと。対象となる病気に罹っている患者に投与し、評価を行う。

twitter

twitter

-がん関連のニュース・情報
-, ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.