会社では困るが入院するなら窓際がいい

更新日:

madogiwa

大部屋へ入院するときは場所取りも大事

入院の手続きをすませ待合室で待っていると、入院病棟担当の看護師さんが
迎えに来た。

彼女に連れられてエレベーターを上がり、病棟に着くとまず病室に案内された。

 
手続きした時に個室にするか大部屋(この病院は六人部屋、最近の病院は
四人部屋が多いのではないでしょうか)にするか聞かれたが、予算の都合と、
夜中ちょっと恐い(基本、霊は信じていませんが私はビビりなのです。
(もし夜中にスキマから何かがこちらを覗いていたりしたら、ジョバ~漏らして
卒倒してしまうでしょう。)ので大部屋へ。

年末だからか入院患者も少ないようで、先客?は三人だけだった。
 
入院 病室 大部屋(六人用)
 
どのベッドにするか聞かれたので、迷わず窓側を選んだ。
真ん中は挟まれる感じで嫌だったし、窓から外も見える。

 
それに部屋の奥の方だから、他の患者さんの身内の方や、見舞客の人が
前を通る事もほとんど無く(なんだかお互いに気を使ってしまうのです。)
気を使わないで済む。

一応ベッドごとに仕切るためのカーテンが付いているけど、
昼間から締め切るのはなんとなく感じが悪い気がしてしめにくい。
 

狭いけれどベットから手が届くように工夫されている

 
少し寒いけど、やはり窓際がいい。挨拶をすまし、自分のベッドに荷物を置く。
 
着替えやバスタオル等かさばる物は、クローゼットがあるのでそこに、
コップや筆記用具等の小物は、ベットの脇にあるチェストに置けるし、
引き出しもついている。

鍵付きの引き出しもあるので、少額のお金ぐらいなら置いておける。
※(持ち主がいない時に、身内や見舞客のふりをして盗んでいく人がいるらしいのです。
情けない話ですが、こういうことがたまにある様です。)

 
テレビと小さい冷蔵庫(2リットルのペットボトルが7,8本入るくらいの大きさ)
が付いている。
 
有料だし、病院によってはスマートフォン等で見れるし、ネットも
使用できるので、病院のテレビはあまり使わないかもしれません。

※ペースメーカー等、治療に機器を使っている方が同室にいる場合は
使ってはいけないようです。看護師さんに必ず確認しましょう。

 
荷物を片付け終えてとりあえず横になっていると、看護師さんが点滴を持ってきた。
これが今日から約三週間程の食事がわりになる。

ウヘ~

 
次 入院する時に持って行った方が良いもの

”私のがん治療の記録” 目次に戻る

 

twitter

twitter

-ブログ
-, ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.