がんの転移・浸潤を抑制させる酵素を発見

更新日:

 熊本大の尾池雄一教授、遠藤元誉助教らの研究グループが、がん細胞の転移を促進させる特定のたんぱく質の仕組みを解明するとともに、このたんぱく質の働きを抑える酵素を発見したと発表した。

                              

 尾池教授はこれまでの研究で、肺がん、乳がんでのがん細胞の浸潤・転移を促進させる機能を持つたんぱく質「ANGPTL2」の仕組みを解明しました。

このたんぱく質「ANGPTL2」は低酸素や低栄養といったがん組織内の環境によってがん細胞そのものから分泌されるようになり、がん細胞に栄養や酸素を与える為に新生血管を増やしたり、がん細胞に作用して運動能力を増強するなどして、がん細胞の転移・浸潤を促進させていることが分かっています。 

また、尾池教授らはたんぱく質「ANGPTL2」のメカニズムについても解明しており、研究の中で「ANGPTL2」を切断する酵素「TLL1」を発見した。

この切断されたたんぱく質の働きではがんの進行が遅くなるため、この酵素を使いたんぱく質を切断していけば、がんの転移を抑えられる可能性があるとしています。

 

 この研究により、がん浸潤・転移のメカニズムが解明されることで、新たな治療法・治療薬の開発が期待されています。

twitter

twitter

-がん関連のニュース・情報
-, , , , ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.