結腸癌術後肝転移再発 部分切除術 ー入院初日ー

更新日:

がんからみでの入院は今回で5回目前回の肝臓転移の腫瘍切除から約1年7ヶ月ぶりの入院になる。
何回切れば気が済むのだろうか、心底ウンザリする。

病院に着いて、まず肝機能検査を行う。薬剤を体内に注入し その後血液を採取する。この検査で腫瘍の有無以前に肝臓に問題はないか、切除しても機能が保てるのかを調べるらしい。

その後待合室で入院の案内を受ける。病院内や病室でのルールを細かく説明される 5回目ともなると面倒だが、素直に受ける。

医師より検査の結果を告げられる。肝機能は問題なく、手術は予定通り明後日に行えるそう。

病室に案内される。こっちの事を覚えてくれている看護師さんも多く、挨拶や軽い話をしながらも、毎日のように入れ代わり立ち代わり患者が入退院しているのに良く覚えているなと思った。私は人と知り合ってもすぐ忘れてしまうので心底感心する。

入院 病室 大部屋(六人用)病室は六人部屋の真ん中。端が良いのだが空いてないから仕方ない。誰か退院して空きがでたらベットをかえてもらおう。

着替えなど荷物をロッカーにしまい一息ついていると昼食が運ばれてきた。病院食だから量が少ないこともあるが、検査の為に朝から絶食だったこともありすぐに食べ終わる。

今日はもうすることがないらしい。これなら明日入院で良かったのでは?とにかく暇すぎる。

風邪をひいたのか鼻水が止まらない 大丈夫か?

深夜まで眠れないので睡眠導入剤を出してもらう。

次 手術前日の用意

”私のがん治療の記録”目次に戻る

twitter

twitter

-ブログ
-, ,

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.