がんの正体 -がん細胞はどこから来るのか、新悪生物とは-

・がんとは何なのか、なぜがんが出来るのか、その正体について解説しています。

がんのことを医学用語で、「悪性新生物」と呼びますが、
これは外から侵入してきた謎の生物ではありません。

自分自身の細胞であり、あなたが知らず知らずの内に育てた「新生物」なのです。

細胞は毎日生まれ変わっている

 
人間の体は約60兆個もの細胞でできているといわれます。
これらの細胞は、毎日細胞分裂を行って新しく生まれ変わり、
細胞はそれぞれお互いに協力しながら、自分の役目を果たします。
 
そして、必要なときに分裂し、必要な分だけ増えると分裂を止めて、
寿命がくると自死(アポトーシス※)します。

臓器は数千回入れ替わる

 
例えば皮膚の細胞は、けがをすれば増殖して傷口をふさぎ、
傷が治れば増殖をやめます。
 
この細胞の入れ替え(新陳代謝)は、体の老化をおさえるのに必要で、
新しい細胞は、毎日8,000億個も作られます。

一生涯で臓器の細胞は、数千回入れ替わると言われているほどです。

がん細胞は全ての人に生まれている

この時、通常は細胞の中にある遺伝子は、正常にコピーされるのですが、
何らかの理由で遺伝子に傷が入り、 突然変異が起こり、まれにコピーミスが
起こります。

gannaritati
 
これは老若男女関係なく、健康な人でも毎日数千個の突然変異細胞が発生している
そうです。

 
その突然変異によってできた細胞はほとんどが免疫細胞の攻撃を受けて
消滅しますが、もともと自分の細胞なので外から侵入する細菌などと比べると、
免疫細胞にとって異物と認識できない傾向があると言われています。
 

生き残りが増え続けて腫瘍になる

 
そして運悪く生き残ってしまった細胞ががん細胞化し、体からの命令を無視して
組織や臓器に入り込んで、無限に増え始め、増殖に増殖を重ねた結果腫瘍ができます。
 
そしてできた腫瘍の悪性化が進むと、臓器の機能も衰えてしまうのです。
さらにがんの細胞は、別の部位に移動して他の臓器も侵します。

※アポトーシス=細胞の遺伝子(DNA)が傷つき、それを修復できない場合などに細胞が
死滅するプログラム

 

まとめ

・がん(悪性腫瘍)は自分の細胞が突然変異し、増殖したもの
・健康な人でも一日数千個のがん細胞が生まれている
・がん細胞は止まらず自死(アポトーシス)もせず増え続ける
・体中あちこちにちらばり別の部位でも増殖する

 

更新日:

Copyright© がんと闘う、がんに勝つ , 2018 All Rights Reserved.